PF-50WG


BUFFALOの デジタルフォトフレーム PF-50WGについて

無線LAN対応で、DLNA経由とかPicasaの画像表示ができるというのに惹かれて購入。実際に使ってみると、自動表示のスライドショーは内蔵メモリの画像表示のみ。無線LAN経由やUSBメモリ上の画像を表示することができない。
これでは使い物にならない。Linuxで動いているようなので、ファームを改造してみた。

wgetをインストールし、画像を定期的にダウンロードして内蔵メモリの画像を更新するように。

これは当初予定外の改造だが、ムービー再生などのためにmplayerが入っていてネット経由の再生が出来るので、毎朝定時にラジオを再生できるようにしてみた。
(radiko から、rtmpdump→ffmpegするサーバを経由で再生)

1 thought on “PF-50WG

  1. taka2.info様
    初めまして、ひよえと申します。

    ずいぶん前にPF-50WGはLinuxが入ってるという話を聞いて、
    久々に検索してみたらこちらにたどり着きました。

    更に以前から気になってる自転車の画像を見かけ、
    そちらも拝見させていただきました。

    ちょっとうれしくなったのでコメントなどを残して去っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です