kon2 の FreeBSD 9.0-RELEASE/amd64 対応修正

[`google_buzz` not found]
[`friendfeed` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

kon とは、PC/AT用UNIX系OSのコンソールで日本語を表示できるようにするプログラムです。…とわざわざ書かなくても、知ってる人は知ってるプログラムですね。

FreeBSD でも ports に入っているのですが、FreeBSD 9.0-RELEASE/amd64 では使えなかったので、使えるように修正してみました

5/10追記: send-prしたところ、kon2-5.3_4としてコミットされました。もはや後述のパッチは不要です。9.0/amd64でkon2を使いたい場合は、ports tree を更新するだけでOKです。

対応内容

「9.0-RELEASE/amd64対応」パッチの内容は、「9.0-RELEASE 対応」と「amd64対応」の二つを併せたものになります。

9.0-RELEASE/amd64 で動作確認しましたが、今まではkon2が使えなかった 9.0-RELEASE/i386 や 8.2-RELEASE 以前/amd64 でもkon2が使えるようになるかと思います。

FreeBSD 9.0-RELEASE 対応

元々、9.0-RELEASE 登場時に、日本語インストーラ組み込み用に作られた「kon2の9.0対応パッチ」がFreeBSD-users-jp ML にて公開されていました。ですが、このパッチはportsの kon2-0.3_3 向けのものであり、最新のkon2_0.3_4 では使えません。

そこで、このパッチをkon2_0.3_4 でも使えるように修正しています。

amd64対応

Linux向けですが、こちらにamd64への対応方法がありました。これをそのままports向けパッチにしたところ、FreeBSD/amd64でもkon2が問題なく動いています。

ファイル

導入方法

パッチのあてかたとkonの構築手順は下記の通りです。

  1. root になって portsのディレクトリに移動
    % su
    # cd /usr/ports/japanese/kon2-16dot/
  2. 0.3_3 向けのパッチの削除

    0.3_3向けパッチファイルである patch-ca, patch-cc, patch-cd, patch-ce, patch-cf がfiles/下に存在した場合は、それを削除してください。

    # rm files/patch-c[acdef]
  3. Makefile の修正
    # ftp http://doga.jp/~taka2/archive/kon2-0.3_4-patch-Makefile.diff
    # patch < kon2-0.3_4-patch-Makefile.diff

    Makefileに0.3_3向けの修正をしていた場合は、下記のようなエラーになりますが、問題ありません。

    Patching file Makefile using Plan A...
    Hunk #1 succeeded at 22.
    Hunk #2 failed at 33.
    1 out of 2 hunks failed--saving rejects to Makefile.rej
    done
  4. パッチファイルを を files 下に展開
    # ftp http://doga.jp/~taka2/archive/kon2-0.3_4-patch.tar.gz
    # tar zxfC kon2-0.3_4-patch.tar.gz files/
  5. コンパイルとインストール
    # make clean install

以上で、kon2が使えるようになります。

send-pr

FreeBSD.org にsend-prしましたので、そのうちいつかきっと本家に取り込まれると思います。そうなればこのパッチはもう不要になりますが…いつになるかわからないので、とりあえずページエントリを立てました。

5/10追記:kon2-0.3_5としてportsにコミットされました。というわけで、本パッチはもはや不要となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です