RoundCube 0.8.1 の日本語化


RoundCube 0.8.1 が出ていたので、日本語化パッチを更新しました。

概要

本家 RoundCube 0.8.1 からの変更内容は下記の通りです。

  • 本文のISO-2022-JP対応(本家はUTF-8固定)
  • ヘッダのBエンコーディング対応
  • ①や髙などの、いわゆる機種依存文字に対応しました。

0.8.0で追加された新スキン「larry」も、日本語化パッチ(で追加した設定UI)に対応させています

使用方法

基本的な使用方法は本家RoundCubeから変更はありません。「個人設定」画面の「メールの作成」で、

  • 「ヘッダをMIME Base64エンコードする」にチェックを入れる
  • 「標準の文字エンコード」は「ISO-2022-JP(日本語)」を選択

以上の設定をしておくことで、日本語メールの標準であるRFC1468準拠のメールが送信されるようになります。

詳しくは

を見てください。

更新内容

0.8.0パッチの適用の他、①や髙などの、いわゆる機種依存文字に対応しました。

これらの文字は、ISO-2022-JP には含まれません。ですので、対応しない方が正しいと思います。ですが、まあそういう文字が世の中には溢れてますので、受けは広くしたほうがいいということで。

PHPの mbstring には、ISO-2022-JPに対し、これらの文字への対応を追加した「ISO-2022-JP-MS」という encoding が追加されています。そこで、charset=ISO-2022-JP の場合は、内部的にはISO-2022-JP-MSとして文字コード変換を行うように修正しています。

基本的には、0.8.0パッチにてコメントで報告いただいたRoundcube webmailのインストールのページで公開されていた、ISO-2022-JP の代わりに ISO-2022-JP-MS を使うようにするパッチを取り込みました。修正対象ファイルは program/include/main.inc から program/include/rcube_charset.php に移動していますが、ほぼ同様の修正で対応可能です。

ただし、文字コードの変換方法として iconv が使える場合は、mbstring よりも iconv 優先して使用しているため、上述のページの修正はそれだけでは効果がありません。そこで、iconvよりも mbstring を優先させるような修正もしました。

ダウンロード

roundcube-0.8.1 ISO-2022-JP対応&ヘッダBase64エンコーディング対応版(2012.8.27)

2012.8.27 Version 0.8.1に対応

(ライセンスは、本家と同じくGPLに従います)